住宅の耐震性に多大な影響を与えることで知られているシロアリ。

住宅を守る為にもシロアリの対策は必須だと認識されている方も多いと思います。

しかし、高額の予算が掛かることから躊躇してしまっている方も多いと思います。

実は農協(JA)でもシロアリ駆除を依頼できるということをご存知でしょうか。

ここでは農協(JA)でのシロアリ対策について解説していきたいと思います。

 

農協(JA)とは?

農協(JA)という言葉は多くの方が耳にしたことがあると思います。

では、どのような活動を行っているのかはご存知でしょうか。

 

JAとは農業協同組合の英語表記の頭文字をとってつけられた名前です。

農協(JA)とは、相互扶助の精神のもと、よりより社会を築くことを目的に組織された協同組合です。

この目的のために、JAは営農や生活の指導をするほか、生産資材・生活資材の共同購入や農畜産物の共同販売、貯金の受け入れ。農業生産資金や生活資金の貸し付け、農業生産や生活に必要な共同利用施設の設置、万が一の場合に備える共済等の事業や活動を行っております。

このようにJAは様々な事業を総合的に行っていますが、それぞれの事業を効率的・効果的に進めていく為に、指導・経済・信用・共済などの事業ごとに、JAとJA連合会などによる事業組織が形づくられ「JAグループ」として活動しています。

 

農協(JA)のシロアリ駆除・予防の施工方法や費用はどれくらい?

様々な事業活動を行っている農協(JA)。

実はシロアリの予防対策や駆除活動も行っているということをご存知でしょうか。

また、農協(JA)に依頼をすればシロアリ対策は安価で行えるという情報を聞いたことはありませんでしょうか。

実際に農協(JA)でのシロアリ対策について解説していきたいと思います。

 

農協(JA)でシロアリの予防対策や駆除も提供していますが、実際に現場で作業をしたり対応をするのは農協(JA)ではなく、下請け会社である一般企業のシロアリ対策業者です。

 

その為、農協(JA)のシロアリ対策・駆除のサービス内容は、一般的なシロアリ対策業者と変わり有りません。

「施主が直接業者に依頼をするか」「施主が農協(JA)を通じて業者に依頼をするか」の違いになります。

違いはそれだけではありません。

仲介に農協(JA)が入ることで、専門業者に直接依頼をするよりも、費用が少し割高になってしまいます。

 

では農協(JA)に依頼するメリットは何があるのでしょうか。

まずは「業者選びに失敗しない」です。

多くの方はシロアリ対策や駆除を行う際、専門業者を下調べすると思います。

そこでどの専門業者に依頼をするかを判断するのは、予算や評価などの口コミになります。

その為、入念に下調べを行ってから依頼をしないと、業者選びに失敗してしまう恐れがあります。

しかし農協(JA)に依頼をすることで、農協(JA)で実績があったり、信頼の出来る専門業者を選定してくれます。

費用がやや割高にはなってしまいますが、「業者選びに失敗しない」というのは大きなメリットです。

 

シロアリの予防対策や駆除は、100%成功するわけではありません。

予防対策を行っていてもシロアリの被害に遭ってしまったり、駆除を行ったと思ってもシロアリが再発生したりというトラブルは多く発生します。

そういったトラブルが発生してしまった場合の対応も、農協(JA)に委託をすることでスムーズに対応することが出来ます。

「絶対に失敗したくない」「どの専門業者に依頼すればいいかわからない」といった方は、農協(JA)に依頼をするという選択肢も良いかもしれません。

 

次に、農協(JA)の保証が付くという点です。

農協が行っているサービスは、「アフター保証」「年に一回の無料点検」です。

前述した通り、シロアリの予防対策・駆除の施工は100%成功するわけではありません。

 

さらにシロアリ被害で最も恐ろしいのは、被害に遭っているかが分からないというところです。

シロアリは光を嫌う為、基本的には人間の目に触れないところで活動を行っています。

予防消毒を行っているから安心だと思っていても、知らず知らずのうちにシロアリが床下などに住み着いているということもあります。

 

そして気が付かないうちに床下の木材などを食べてしまい、ある日突然床がブカブカしたり、抜けてしまったりという実害に遭ってしまいます。

 

このような知らず知らずの被害を防ぐ方法が定期的な点検です。

床下に潜り、シロアリが住み着いていないか、シロアリの被害に遭っていないかを直接確認するという方法です。

それらを行うことで、万が一シロアリ被害に遭っていてしまっても、早期発見をする事で被害を最小限に抑えることも出来ます。

このサービスがついているというのは、農協(JA)に依頼をする大きなメリットになっています。

 

また「アフターケア」という保証も非常に心強いです。

「アフターケア」とは、万が一施工後にシロアリが再発生してしまった場合の保証です。

農協(JA)の場合、保証期間内に万が一シロアリが発生してしまった場合、再度無料で駆除を行ってくれるというサービスです。

回数制限も無い為。シロアリが居なくなるまでは駆除を行ってくれるというサービスになります。

 

費用や保証について

では実際に農協(JA)でシロアリ対策・駆除を行った場合の費用はどのようになるのでしょうか。

 

シロアリ専門業者に直接工事を依頼した場合の相場は、\5,000~\8,000/坪です。

対して農協(JA)に工事を依頼した場合の相場は、\8,000~10,000/坪です。

 

この差額を「業者選びに失敗しない」「さまざまな保証やケア」というメリットと比較して、農協(JA)を利用するか判断するというのも良いと思います。

 

また農協(JA)の保証期間は「施工後5年間」となっております。

これは多くの専門業者と同じ期間になっています。

 

他社との違いはこちら

「施工後5年間の保証」「保証期間内の再施工ケア」「年に1度の無料点検」「施工業者選びに失敗しない」というのが農協(JA)の特徴です。

 

一般的な専門業者でも同様なサービスを提供している業者はありますが、定期点検が有料だったり、施工後保証が3年だったりと業者によりバラつきがあります。

その点、農協(JA)の保証サービスは、あらゆる専門業者のサービスと比べても十分だといえる内容になっております。

 

まとめ

農協(JA)でシロアリ対策や駆除を行えるということを知らなかった方も多いと思います。

少し割高な方法にはなりますが、下調べの時間を削減できたり、しっかりとしたサービスを確実に受けることができます。

専門業者だけでなく、農協(JA)に依頼をするという選択肢も考えてみてはいかがでしょうか。

おすすめの記事はこちら