施工不良が原因で、基礎コンクリートに欠陥が発生してしまうことがあります。それはどのような欠陥なのでしょうか。

今回は、施工不良が原因で基礎コンクリートにどのような欠陥が発生するのか、また、原因と対策についても解説していくので、参考にしてみてください。

施工不良により生じやすい欠陥

基礎コンクリートの施工(打設)中に、施工不良が発生した場合、どのような欠陥が発生してしまうことがあるのでしょうか。

施工不良によって生じやすい欠陥について、詳しい内容を紹介していきます。

・豆板(ジャンカ)や砂目

豆板は「あばた」や「ジャンカ」とも呼ばれる、コンクリート打設時の締め固め不足や砂利とセメントの分離などによって、コンクリートのペーストが漏れてしまうことで、引き起こされる欠陥です。

砂目はコンクリートの水分が分離して、表面に流れてしまうことから、縞状に露出した状態になっています。

・ひび割れ

硬化したコンクリートやモルタルに生じた割れ目のことを「ひび割れ」と呼び、クラックや亀裂とも呼ばれています。

コンクリートの水密性や気密性を低下させ、鉄筋の腐食にも繋がるので注意が必要です。

・表面気泡

表面気泡とは、型枠に接するコンクリート表面に打設する際、巻き込んだ空気やエントラップエアが無くならずに、露出して硬化してしまう状態のことを指しています。

施工不良による欠陥の原因と対策

また、施工不良による欠陥の原因や対策は、どのようなことが考えられるのでしょうか。具体的な内容について紹介していきます。

・材料分離

材料分離は、フレッシュコンクリートの運搬中や打設中において、コンクリートの構成材料の分布が不均一になる現象のことを指しています。

・締め固め不良やゆきわたり不良

コンクリート打設時には、振動を与え、型枠の隅々まで行き渡るために締め固めを実施します。その際に、振動締め固めが不足することで、充填不足によって締め固め不良が発生するのです。

また型枠の隅々まで、行き渡ることができなかった場合は、ゆきわたり不良となります。

・型枠接触面の硬化不良

糖類はセメントの水和反応を抑制するとされています。コンクリート構造物の型枠に使用される合板製コンパネに含まれている樹液内の糖分によって、コンクリートの水和反応を遅延するように働き、コンクリートが固まりきらずに硬化不良になってしまうようです。

硬化不良を防止するためには、合板を直接日光にさらさないことが重要になります。またアルカリ浸漬処理で防止する方法や合板表面の樹脂処理などの方法でも、硬化不良を抑制することが可能です。

施工不良によるひび割れを放置すると危険

施工不良によって、基礎コンクリートには様々な現象が引き起こされることがあります。特にひび割れが発生してしまうと、最悪の場合、家が倒壊してしまう恐れがあるのです。

少しでも基礎コンクリートの様子がおかしいと感じた時には、速やかに専門業者に相談して、様子を確認してもらう必要があります。

対応が遅れてしまうと、家全体が危険になってしまうので、大切な家を守るためにも、基礎コンクリートの欠陥は見逃さないようにしましょう。

基礎コンクリートの様子がおかしい場合は専門業者に相談

施工不良などが原因で、基礎コンクリートの状態が悪くなってしまっている可能性があります。特に、ひび割れといった現象は、見た目にもわかりやすいので、様子がおかしいと感じた時には、専門業者に相談してみてください。

専門業者の中には、無料点検を実施している会社があるので、気軽に相談することができます。

気になる場合は、一度相談してみるのも一つの手なので、一度専門的な観点からアドバイスをもらいましょう。

おすすめの記事はこちら