住宅の基礎となるコンクリートのひび割れは基礎の耐久性に影響を与えるだけでなく、雨の進入、シロアリの侵入など様々な原因となります。

その為、コンクリートにひび割れが発生してしまった場合は、補修を行う必要があります。

ここでは、コンクリートにひび割れが発生してしまった場合の補修方法や、補修材料などについて解説致します。

 

コンクリートのひび割れ補修方法や防水について

基礎コンクリートにひび割れが発生してしまうのは、施工業者の不良ではなく、コンクリートの性質上、自然に発生してしまう症状です。

小さなひび割れでも補修をせずに放っておくことで症状が悪化してしまいます。

 

まず、コンクリートはなぜひび割れが発生するのでしょうか。

要因はいくつかあります。

・乾燥伸縮

コンクリートは水分を保った状態で型に流し込み、水分を蒸発させ乾燥することで強度を持ちます。

その水分が蒸発する過程で、乾燥伸縮を繰り返す為、耐え切れずに表面にひびが入ってしまいます。

また、ひび割れから水分を吸収し、再度蒸発を繰り返すことでひびが大きくなることもあります。

 

・気温の変化

コンクリートは気温の上昇、下降で伸び縮みする性質を持っています。

その伸び縮みの際にひび割れが発生することがあります。

 

・不同沈下

住宅が建っている環境の地盤が悪い場合に発生する現象です。

地盤沈下などで住宅が傾き基礎に掛かる負荷が一定にならず、付加が大きく掛かる部分にひび割れが発生するという現象です。

 

・その他付加が掛かる

他にも大型地震などで直接的に付加が掛かる場合にもひび割れが発生することがあります。

 

以上のようにコンクリートは性質上、必ずひび割れが発生してしまいます。

また前述した通り、ひび割れを放っておくと、さらに広がり大きなクラックに繋がる恐れがあります。

コンクリートのひび割れは補修をする事で強度を保ち直すことが出来ます。

ひび割れを大きくしない為、美観を保つ為にも、ひび割れが発生した際には補修を行ってください。

 

では実際にコンクリートはどのような工法で補修をするのでしょうか。

補修方法は症状によりいくつかあります。

 

・カットシール工法

カットーシール工法はコンクリート補修の代表的な工法です。

コンクリートのひび割れ部分に対し、工具で広めに溝を掘ります。

その溝にシーリング材・エポキシ樹脂を充填し、表面をモルタルで整えるという工法です。

ひび割れの置くまで補修材を注入できる補修方法です。

表面を仕上げることが出来る為、防水効果が期待できます。

 

・ビックス工法

ひび割れに対してエポキシ樹脂(補修材)を流し込むという非常にシンプルな工法です。

揺変性がある中粘度の樹脂を使用することで、僅かなひび割れに施工をしても液剤が流れ落ちてしまうという心配がありません。

 

・シート工法

タイヤや光ファイバーなどに使用され、鉄の約5倍の強度を持つアラミド繊維シートを貼り付け、モルタルを塗布する工法です。

部分補修というよりは広範囲を補修する際に使用される工法です。

また、補修だけでなく耐震性の向上が期待できる工法になります。

 

・ハイブリッド工法

シート工法でも使用する高強度のアラミド繊維シートと、揺変性があるエポキシ樹脂を重ねて施工を行うというハイブリッドな工法です。

補修が行えるだけでなく、耐震性の向上が期待できるという点から、公共施設の工事などでも採用されている工法になります。

 

以上の工法は、専門業者による補修工事の際に使用される工法になります。

予算を抑えたい場合、ひび割れが軽度であれば自分(DIY)で補修を行うことが出来ます。

自分(DIY)で行う場合、お勧めの補修方法は以下になります。

・パテ埋め

シンプルで簡易的な工法です。

コンクリート補修材パテでひび割れを埋めるという工法です。

ひび割れだれでなく、爆裂してしまった場合、凹凸が発生してしまった場合にも使用できるというメリットがあります。

 

・液体補修材

他にも簡易的な方法として、コンクリート補修液をひび割れ部に流し込むという方法があります。

乾燥に少し時間が掛かりますが、ひび割れ、小さな亀裂にも対応が出来るというメリットがあります。

 

以上の方法は自分(DIY)で簡易的に行える工法ではありますが、軽度なひび割れには十分対応できる工法です。

また、材料はAmazon、モノタロウ、ホームセンターで市販されており、簡単に手に入れることが出来ます。

 

コンクリートの補修材料は何を使ったらいい?

コンクリートの補修に使用される材料は、モルタル、シール材、エポキシ樹脂、アラミド繊維などが一般的です。

 

・モルタル

モルタルはひび割れを埋めるなどの補修材としてしようされるだけでなく、補修後の美観を保つ仕上げ材としても使用されます。

 

・シール材

シール材はカットシール工法で使用される補修剤です。

弾性を持つシール材は、揺れなどにも対応できるという性質を持っています。

 

・エポキシ樹脂

エポキシ樹脂は、樹脂の中でもトップクラスの接着剤を誇っています。

また揺変性があり中粘度ということから、コンクリートの補修材としてはかなり適した性質をもつ補修材です。

 

・アラミド繊維

タイヤや光ファイバーなどにも使用され、鉄の約5倍の強度を誇るアラミド繊維。

コンクリートの補修だけでなく、補強の効果を与えることが出来る素材です。

アラミド繊維単体で使用されるのではなく、モルタルと併せたり、エポキシ樹脂と併せたりとして使用される素材です。

 

ブロック基礎の場合でも使用可能?

門塀などに使用されることが多いブロック基礎。

ブロック基礎もコンクリート基礎同様にひび割れが入ったりすることがあります。

また、コンクリート基礎同様で、ひび割れが発生した場合には補修・補強を行わないと劣化が広がる恐れがあります。

 

小さなひび割れ程度であれば、コンクリートのひび割れと同様の工法で補修を行うことが出来ます。

しかし、ブロックはコンクリートに比べ強度が弱いため、ひび割れが大きく劣化が酷い場合にカットシール工法などを行うのは、ブロックの一部崩壊に繋がる恐れがあるので注意して下さい。

 

まとめ

いかがだったでしょうか。

コンクリートのひび割れを発見した場合、住宅の崩壊に繋がるなど恐ろしいイメージを受けてしまうかもしれません。

ひび割れが進行してしまう前に、自分(DIY)で簡易的に補修することが出来るので、ひび割れを発見した際にはなるべく早く補修などの対応を行ってください。

おすすめの記事はこちら