住宅の重みを支える基盤でもある基礎。

基礎は経年と共に劣化する為、都度補修や補強といった工事を行いメンテナンスしていく必要があります。

また、基礎は自分(DIY)で補修を行うことも出来ます。

ここでは、基礎の補修・補強工事についてや、自分(DIY)で補修工事を行う方法について解説致します。

 

古民家・古家の基礎コンクリートの補強方法について

日本の住宅には、築年数50年以上経つ古民家や古家が現代でも数多く形を残しております。

そんな古民家や古家を今後も残し続けるためには、基礎の補修・補強が非常に大切です。

 

基礎は住宅の重みを支える基盤となる部分です。

基礎が弱っていると、地震などによる災害や、住宅の重みに耐えられなくなり、崩壊してしまう原因になってします。

基礎は経年と共に自然と劣化してしまいます。

その為、都度補修や補強というメンテナンス工事を行う必要があるのです。

 

50年以上が経つ住宅の基礎の中には、現代と違った素材が使われていることがあります。

現代の住宅の基礎は、布基礎やベタ基礎など、工法問わずコンクリートが使用されています。

コンクリートの上に土台を乗せ、柱を建て、住宅を支えております。

 

しかし、古家の中には基礎にコンクリート以外の素材が使用されているケースがあります。

それはまだコンクリートが無かった時代だった為です。

その時代には、基礎には石が使用されていました。

地面に石を設置し、その上に束となる木材を直接建てるようにして住宅を支えています。

この工法を玉石基礎と言います。

 

この玉石基礎は一般的に古民家に採用されている日本の伝統的な建築方法です。

しかし現代の住宅に比べ耐震性が極めて低く、かなり危険な状態となっております。

 

他に古家の中にはコンクリート基礎の住宅も存在しております。

しかしその多くは現代のコンクリート基礎と違い無筋だったり、経年によるクラックが入っていたりとメンテナンスが行われておらず強度が保たれていないという状態になっております。

 

その為、どちらの工法にしても適切な工法で補修・補強を行う必要があります。

 

古民家・古家の基礎はどう補強したらいい?

古民家・古家の基礎補強について解説致します。

 

古民家に多く採用されている玉石基礎の場合。

まず玉石基礎の弱点は、基礎となる玉石が11つ独立しているということです。

地震などの揺れで付加が掛かるとずれてしまう恐れがあります。

もう1つの弱点は束が土壌と近いという点です。

束が土壌と近いと、土壌からの湿気を受け腐食の原因となります。

その為、この2点を解消するように補強工事を行う必要があります。

 

玉石基礎の場合、補強工事はかなり大掛かりな工事となります。

床下の土壌を鋤き取り、土間コンクリートを流して玉石を一体化させるという方法です。

玉石を一体化させることで、地震などの揺れに対して玉石がずれないようにするという効果があります。

また、土間にコンクリートを流すことで、土壌からの湿気が上がってこないように対策を行うことも出来ます。

玉石基礎に対して非常に有効な工法ではありますが、施工がかなり大掛かりというデメリットがあります。

 

1階の床を全て剥がした状態で、床下の土壌を鋤き取る必要がある為、フルリフォーム規模となります。

また、住みながら工事を行うということも不可能な為、仮住まいなどの必要があります。

 

次に古家で基礎がコンクリートの場合。

こちらは比較的小規模な工事で補修・補強を行うことが出来ます。

コンクリート基礎の場合は、いくつか補修・補強段階があります。

 

まずは小さなひび割れ程度の場合。

コンクリートは、その性質から自然にひび割れなどを起こす素材です。

しかしひび割れなどを補修せずに放っておくと、ひび割れは広がり、基礎の爆裂などを起こしてしまいます。

その為、強度を保つ為には、劣化が小さなうちに補修材などを施してメンテナンスする必要があります。

 

次にひび割れが全面的に発生している場合。

全面的にひび割れが発生している場合でも基本的には補修でひび割れを直すことが出来ます。

ひび割れが大きい部分については、カットシール工法なでシール材やエポキシ樹脂を流し込むことで対応することが出来ます。

 

このようにコンクリート基礎であれば、ある程度補修出来ます。

しかしあくまで補修工事は強度を保つことが目的です。

耐震強度を高める為には、補強工事を行う必要があります。

 

コンクリート基礎の場合、補強工事の方法は2つあります。

まずは玉石基礎でも行うような、土間コンクリートを流し込むという工法です。

基礎同士を繋ぐことで揺れに対応することが出来ます。

しかし前述した通り、この方法は非常に大規模な工事になってしまいます。

 

もう1つの方法はハイブリット工法といわれる方法です。

ハイブリッド工法とは、光ファイバーやタイヤなどにも使用され、鉄の約5倍の強度をもつ「アラミド繊維」と、樹脂の中でもトップクラスの接着力を誇り、揺変性がある「エポキシ樹脂」を組み合わせた工法です。

このハイブリッド工法の特徴は、補修と補強が同時に行えるという点、工期が短いという点、室内などの付帯工事が必要無いという点、公共施設などでも採用される高い信頼性があるという点です。

 

古民家・古家基礎補強の費用はどれくらい?

住宅床下の土壌を鋤き取り、土間コンクリートを流し込むという工法については、約100万~となります。

また、上記の金額に、別途室内工事の費用が追加される為、かなりの高額な費用となります。

 

コンクリート基礎の場合、ひび割れの補修費用は\3,000/箇所ほどです。

 

ハイブリット工法の場合、約\30,000/mとなります。

 

自分で(DIY)補修する方法について

土間コンクリートを流す工法やハイブリッド工法などは専門業者に依頼しないと施工が難しいですが、ひび割れ程度であれば自分(DIY)で補修することが出来ます。

 

コンクリート補修専用パテや、液体状の補修材はホームセンターやAmazonなどで市販されております。

それらの材料を使用すれば簡単に自分(DIY)で補修をすることが出来ます。

 

まとめ

基礎は住宅の基盤で、住宅を維持する為には非常に大切な部分です。

また、性質上自然に劣化してしまう部分なので、定期的なメンテナンスを行い、住宅を倒壊から守りましょう。

おすすめの記事はこちら